カンファレンスパークは、あらゆる分野のイノベーションのために、コラボレーションとデジタル化を加速する産学官DXプラットフォームです

カンファレンスパークは

あらゆる分野の

イノベーションのために、

コラボレーションと

デジタル化を加速する

産学官DXプラットフォームです


直近のセミナー情報

電気通信大学 脳・医工学研究センター 定例セミナー

2024 4/23 13:00
題目: 認知症予防に資する運動と脳の生理学研究 概要:全身の司令塔として働く脳は環境変化に適応する高い可塑性を持つ。例えば運動中、脳は外界の変化に素早く反応し骨格筋と呼吸・循環系を調節する。また運動を習慣的に実践することで、適応が生じ環境変化に対する耐性の向上、さらに健康効果へ繋がる可能性がある。一方、脳は高代謝・高流量臓器として知られている。体重2%ほどの脳は全身のエネルギー約15%を消費するが、神経細胞が必要とする酸素と栄養は主に血液から供給されている。したがって脳機能は心血管機能に依存しており、高齢者における心血管疾患は認知症の発症リスクと関連することが報告されている。発表者はこれまで、運動による認知症の予防効果、さらにその生理機序を解明するために脳循環の役割について研究を進めてきた。本セミナーでは、脳機能に対する運動介入の影響、中高齢運動鍛錬者における脳の適応、脳の恒常性維持に寄与する循環機能について発表する。 参加方法: 参加費無料、下記フォームから申し込みをお願い致します。※お申込みいただいた方の登録メールアドレス宛に、Zoomミーティングのリンクが送信されます。 https://uec-tokyo.zoom.us/meeting/register/tJYrduGuqDsvGdQwM4R_hXfiqNwRjRkVBQaU 脳・医工学研究センター ホームページ http://blsc.xsrv.jp/seminar/

ヘルスケアとテクノロジーの融合をマネジメントで支えDXで加速したい! -難治性メニエール病に関わる医療機器開発と社会実装の経験など-

2024 4/25 12:00
医工連携ではいくつかの谷があり社会実装に至らないこともあります。医療現場のニーズや技術的なシーズを活かすには、特許や規制、保険の戦略も重要ですし、プロジェクト全体のマネジメントや人的資源管理でも多くの迷いに直面します。そして市販後に持続可能な安定供給できるビジネスモデルであり続けるためにも、DXを含めて不断の努力が必要です。 第一医科株式会社は他の機関と連携して実績をつくりましたが、もっとうまくやれる方法があるはずだと模索しています。人口減と少子高齢社会という現実を前提に、うまくいったこと、できていないこと、これからのことについてお話します。

電気通信大学 脳・医工学研究センター 定例セミナー

2024 5/13 13:00
脳機能イメージングは、脳神経活動の空間的・時間的変化を可視化する技術である。 人への侵襲性がない計測手法の1つに、脳神経の電気的活動をミリ秒の時間分解能で磁場として 捉える脳磁図(Magnetoencephalography,MEG)があるが、センサ動作のために極低温冷却が必要なこと、 データ解析の問題、医療用途として、てんかん等の検査に限られること、などの課題があり、現時点でも十分に普及しているとは言い難い。 本講演では、これらの状況を打破する可能性のある技術について紹介し、議論したい。 まず、子どもの計測などにも好適な装着型脳磁計への展開を目指す、室温動作磁気センサを用いた脳磁計測システム化やその信号解析手法などの技術について説明する。 さらに、新たな応用可能性として、脳磁図によるアルツハイマー病バイオマーカーに関する研究を紹介する。

トラベルワクチン総論

2024 5/18 10:10
【講演要旨】海外での渡航先で思わぬ感染症の罹患や、輸入感染症への対応が重要となっています。トラベルワクチン(予防接種)は、①海外で流行する感染症から自分自身を守るために、②入国時に予防接種証明を要求する国(地域)に渡航するために、渡航先、渡航期間、渡航形態、宿泊施設、など様々な要素を考慮して、適切なワクチンを受けておくことが大切です。またマラリアなど予防接種のない病気の対処や予防薬の知識と準備も必要です。

予防接種時のアナフィラキシー・血管迷走神経反射への対応

2024 5/18 12:00
【講演要旨】予防接種における重大な副反応のひとつにアナフィラキシーがある。頻度は低いものの、死に至ることもある疾患であり、その症状や対応を知っておくことは予防接種に従事する者にとって不可欠である。日本のアナフィラキシーガイドラインは2022年に改訂されており、今回の講演では新しく改訂されたポイントを中心に解説する。また、アナフィラキシーと鑑別が必要な血管迷走神経反射についても取り上げ、アナフィラキシーとの違いについて解説する。

群集事故の諸相とメカニズム解明に向けた取り組み

2024 5/18 13:35
【講演要旨】2022年10月に韓国で発生した群集事故は159人の死者を出す大惨事となった。日本でも2001年に兵庫県明石市の歩道橋内で11人の死者を出す群集事故が発生している。本講演では過去の群集事故からその諸相を読み解くとともに、要因と対策について概説する。群集事故は検証実験が困難であるため、その発生メカニズムは未解明の部分が多い。コンピュータ・シミュレーションを活用したメカニズム解明への取り組みについても紹介する

線状降水帯と都市災害

2024 5/18 14:30
【講演要旨】最近、「線状降水帯」という言葉をよく聞くようになりました。線状降水帯とは、集中豪雨のうち雨域が線状になるものを指しており、昔から起こっている現象です。近年の豪雨災害を受けて、その予測を何とかしようという気運が盛り上がり、線状降水帯に関する様々なプロジェクトが実施されてきました。本講演では、線状降水帯とは何か、なぜ予測が難しいのかをお話しするとともに、最近の線状降水帯予測に関する研究成果を紹介します。

アフリカの最新マラリア事情と予防

2024 5/18 15:25

もっとみる

直近のセミナー情報

電気通信大学 脳・医工学研究センター 定例セミナー

2024 4/23 13:00
題目: 認知症予防に資する運動と脳の生理学研究 概要:全身の司令塔として働く脳は環境変化に適応する高い可塑性を持つ。例えば運動中、脳は外界の変化に素早く反応し骨格筋と呼吸・循環系を調節する。また運動を習慣的に実践することで、適応が生じ環境変化に対する耐性の向上、さらに健康効果へ繋がる可能性がある。一方、脳は高代謝・高流量臓器として知られている。体重2%ほどの脳は全身のエネルギー約15%を消費するが、神経細胞が必要とする酸素と栄養は主に血液から供給されている。したがって脳機能は心血管機能に依存しており、高齢者における心血管疾患は認知症の発症リスクと関連することが報告されている。発表者はこれまで、運動による認知症の予防効果、さらにその生理機序を解明するために脳循環の役割について研究を進めてきた。本セミナーでは、脳機能に対する運動介入の影響、中高齢運動鍛錬者における脳の適応、脳の恒常性維持に寄与する循環機能について発表する。 参加方法: 参加費無料、下記フォームから申し込みをお願い致します。※お申込みいただいた方の登録メールアドレス宛に、Zoomミーティングのリンクが送信されます。 https://uec-tokyo.zoom.us/meeting/register/tJYrduGuqDsvGdQwM4R_hXfiqNwRjRkVBQaU 脳・医工学研究センター ホームページ http://blsc.xsrv.jp/seminar/

ヘルスケアとテクノロジーの融合をマネジメントで支えDXで加速したい! -難治性メニエール病に関わる医療機器開発と社会実装の経験など-

2024 4/25 12:00
医工連携ではいくつかの谷があり社会実装に至らないこともあります。医療現場のニーズや技術的なシーズを活かすには、特許や規制、保険の戦略も重要ですし、プロジェクト全体のマネジメントや人的資源管理でも多くの迷いに直面します。そして市販後に持続可能な安定供給できるビジネスモデルであり続けるためにも、DXを含めて不断の努力が必要です。 第一医科株式会社は他の機関と連携して実績をつくりましたが、もっとうまくやれる方法があるはずだと模索しています。人口減と少子高齢社会という現実を前提に、うまくいったこと、できていないこと、これからのことについてお話します。

電気通信大学 脳・医工学研究センター 定例セミナー

2024 5/13 13:00
脳機能イメージングは、脳神経活動の空間的・時間的変化を可視化する技術である。 人への侵襲性がない計測手法の1つに、脳神経の電気的活動をミリ秒の時間分解能で磁場として 捉える脳磁図(Magnetoencephalography,MEG)があるが、センサ動作のために極低温冷却が必要なこと、 データ解析の問題、医療用途として、てんかん等の検査に限られること、などの課題があり、現時点でも十分に普及しているとは言い難い。 本講演では、これらの状況を打破する可能性のある技術について紹介し、議論したい。 まず、子どもの計測などにも好適な装着型脳磁計への展開を目指す、室温動作磁気センサを用いた脳磁計測システム化やその信号解析手法などの技術について説明する。 さらに、新たな応用可能性として、脳磁図によるアルツハイマー病バイオマーカーに関する研究を紹介する。

トラベルワクチン総論

2024 5/18 10:10
【講演要旨】海外での渡航先で思わぬ感染症の罹患や、輸入感染症への対応が重要となっています。トラベルワクチン(予防接種)は、①海外で流行する感染症から自分自身を守るために、②入国時に予防接種証明を要求する国(地域)に渡航するために、渡航先、渡航期間、渡航形態、宿泊施設、など様々な要素を考慮して、適切なワクチンを受けておくことが大切です。またマラリアなど予防接種のない病気の対処や予防薬の知識と準備も必要です。

予防接種時のアナフィラキシー・血管迷走神経反射への対応

2024 5/18 12:00
【講演要旨】予防接種における重大な副反応のひとつにアナフィラキシーがある。頻度は低いものの、死に至ることもある疾患であり、その症状や対応を知っておくことは予防接種に従事する者にとって不可欠である。日本のアナフィラキシーガイドラインは2022年に改訂されており、今回の講演では新しく改訂されたポイントを中心に解説する。また、アナフィラキシーと鑑別が必要な血管迷走神経反射についても取り上げ、アナフィラキシーとの違いについて解説する。

群集事故の諸相とメカニズム解明に向けた取り組み

2024 5/18 13:35
【講演要旨】2022年10月に韓国で発生した群集事故は159人の死者を出す大惨事となった。日本でも2001年に兵庫県明石市の歩道橋内で11人の死者を出す群集事故が発生している。本講演では過去の群集事故からその諸相を読み解くとともに、要因と対策について概説する。群集事故は検証実験が困難であるため、その発生メカニズムは未解明の部分が多い。コンピュータ・シミュレーションを活用したメカニズム解明への取り組みについても紹介する

線状降水帯と都市災害

2024 5/18 14:30
【講演要旨】最近、「線状降水帯」という言葉をよく聞くようになりました。線状降水帯とは、集中豪雨のうち雨域が線状になるものを指しており、昔から起こっている現象です。近年の豪雨災害を受けて、その予測を何とかしようという気運が盛り上がり、線状降水帯に関する様々なプロジェクトが実施されてきました。本講演では、線状降水帯とは何か、なぜ予測が難しいのかをお話しするとともに、最近の線状降水帯予測に関する研究成果を紹介します。

アフリカの最新マラリア事情と予防

2024 5/18 15:25

ネパールトレッキングでの旅行医学

2024 5/18 16:20

英国と日本の医療制度

2024 5/19 10:00
【講演要旨】日本は国際的にも質の高い医療を提供し続ける一方、医療療者への負担は増大しており、働き方改革と医療の持続性を両立していく必要がある。今後医療者の負担を少しでも軽減するのであれば「医療の効率化」、「質の標準化」、「優先順位」を度前向きに検討していく必要がある。 英国では日本同様の社会情勢のなか、総合診療医(GP)が医療資源の有効活用や地域の健康を継続的に守る役目を担っている。この総合診療専門医(GP)を軸とした包括的な医療の提供や多職種連携は今後高齢化する慢性期の医療を担う上でも参考になりうる。またデジタル医療の活用や公平な医療リゾースの配分など、様々な視点から今後の課題を考察していきたい。

渡航者に必要な肝炎ワクチン

2024 5/19 10:55
【講演要旨】海外旅行の際にはウイルス肝炎に罹患する可能性を考えておく必要がある。欧米諸国を除いたほとんどの国でA型肝炎に感染する可能性があるため、A型肝炎ワクチンの接種の必要性は高い。A型肝炎同様に経口感染するウイルスにE型肝炎ウイルスがある。ワクチンがないため、感染のリスクを知っておく必要がある。この他B型肝炎・C型肝炎のリスクにどのようなものがあるか知っておくことも大切である。本講演ではこうした点に関して新たな知見も交えて紹介した。

海外で感染症から身を守るためのパーソナケア -殺虫剤と人体用虫よけ剤の使用について-

2024 5/19 11:50
【講演要旨】2014年のデング熱国内発生で改めて、「日本国内でも蚊に刺されると感染症になる」ということを再認識させられたが、よりリスクの高い海外で蚊に刺されないようにするにはどうしたら良いのか。リスクがあることを知っていても、その対策を実行できる人は少ない。本講演では、パーソナルケアとして殺虫剤や忌避剤の効果的な使い方を通して、海外で感染症から身を守る方法を考えたい。

知っておきたい狂犬病の対策

2024 5/19 13:25
【講演要旨】狂犬病は哺乳動物全般に感染しうる疾患であり、一度発症したヒト狂犬病の致死率はほぼ100%である。特にイヌが感染源として重要であり、ヒト狂犬病の99%はイヌを介して発症している。日本国内においては、昭和30年台に狂犬病は根絶されたが、海外では依然として多くの国が狂犬病常在国である。一方で、狂犬病はワクチンによる発症予防が可能な疾患ある。今回、海外渡航者にとって重要である狂犬病の基礎的な知識について概説したい。

黄熱ワクチン・髄膜炎菌ワクチンについて

2024 5/19 14:20
【講演要旨】本発表ではサノフィ社製の「黄熱ワクチン一人用」と4 価髄膜炎菌ワクチン「メンクアッドフィ筋注」について紹介する。黄熱ワクチンは黄熱ウイルス(17D-204株)の弱毒生ワクチンである(国際誕生1953年)。メンクアッドフィ筋注は、メナクトラ筋注の後継品としてより高い免疫原性と広い接種対象を目指して開発された(2023年3月発売開始)。二剤の特徴、有効性、安全性、接種対象者等について解説する。

宇宙での旅行医学~必要な身体検査と課題~

2024 5/19 15:15
【講演要旨】1961年 ガガーリンの宇宙飛行、1969年 アームストロングとオルドリンの月面着陸以来、宇宙には特別な選抜と訓練を終えた宇宙飛行士しか行くことが出来なかった。2023年6月 アメリカのVirgin Galactic社が世界初の商用宇宙旅行を開始し、宇宙旅行が一般に開放されている。日本の大手旅行会社でも参加予約が始まり、今後医療従事者への相談も予測される。必要な健康状態、推奨される健康診断について紹介する。

手術の未来:音が血管の立体構造を浮彫りにする、血管地図の新技術

2024 5/21 18:00
乳がんによる乳房切除後の乳房再建や、外傷による欠損部位の再建では、太腿や腹部など柔らかくしなやかな皮膚と一緒に血管を移植することで、元通りにしたいという切実な思いに向き合い再建手術がおこなわれています。今まで移植に必要な部位の見極めは、皮膚下の血管やリンパ管の状況をエコーを使ってイメージするなど、医師の経験則から部位の切除がおこなわれてきました。 津下 到先生をはじめとする京都大学が産学官連携により研究してきた光音響イメージングは、水を張った測定面に、移植に必要な部位を置き、512個の音響センサーが血液の流れる音を捉えることで、張り巡らされた血管を立体的に浮彫りにします。この血管の立体画像は、深さに応じた色付けが可能で、移植する血管と皮膚の選択を的確に判断できるようになり、移植回数の低減にもつながっています。 手術時には、医用プロジェクションマッピングを術野に投影する新技術や、皮下血管ナビゲーション遊離皮弁手術により、3次元の血管情報を2次元化した地図に転換するPreFlapアルゴリズムの確立しました。日進月歩の新技術開発では、イメージング技術を有効活用し、マイクロサージャリ―の手術をより安全に支援することで、スピーディかつ患者の負担の少ない手術実現の可能性が拡がっています。 光嶋 勲先生によるオープニング講演では、リンパ管移植、超音波リンパ穿通枝マッピング、リンパ浮腫、そしてバイオインピダンス客観的評価等に焦点を当て、これらの分野での最新の研究成果や臨床応用についてご紹介します。
最新の展示会

株式会社今仙技術研究所

有限会社角野製作所

株式会社原製作所

高島産業株式会社

株式会社徳武製作所

株式会社ナディック

上田日本無線株式会社

株式会社ティーアイシー

株式会社みやま

シチズンファインデバイス株式会社

株式会社鈴木

株式会社オーク製作所

信州吉野電機株式会社

有限会社米山金型製作所

株式会社日本シールボンド

株式会社スキノス

株式会社東陽

ZESTIA株式会社(旧社名:株式会社阿智精機)

岡谷精密工業株式会社

株式会社ユタカ

ファミリー・サービス・エイコー株式会社

株式会社アルカディア

シナノケンシ株式会社

ヱトー株式会社

大和電機工業株式会社

株式会社ワカ製作所

株式会社ミクロ発條

ファーマックメディカル株式会社

株式会社西軽精機

野村ユニソン株式会社

ナパック株式会社

有限会社中澤鋳造所

株式会社ダイヤ精機製作所

シェルハメディカル株式会社

サイウィンド株式会社

株式会社共進

株式会社キッツマイクロフィルター

株式会社エスク

チヨダエレクトリック株式会社

信州大学

信州医療機器事業化開発センター事務局

東栄化学工業株式会社

有限会社スリーケー

株式会社テラシステム

ミツワハガネ株式会社

吉玉精鍍株式会社

ナカヤマ精密株式会社

株式会社イーグリッド

PuREC株式会社

日本電子精機株式会社

産学官のイベント、カンファレンス

秋田県医療機器等ビジネスマッチング・プラットフォーム

次世代スーパーマイクロサージャリー研究会

長野県医工連携ポータルサイト 信州医療機器事業化開発センター オンライン展示・商談会

日本医工研究所 医工連携DXプラットフォーム

日本科学技術ジャーナリスト会議

国立大学法人 電気通信大学 脳・医工学研究センター

第22回 日本旅行医学会大会(2024)

一般社団法人 日本画像医療システム工業会(JIRA)

岐阜県 モノづくり企業とのオンライン展示・商談会

大分県のオンライン展示・商談会

島根ヘルスケアビジネス ポータルサイト

宮崎県北部メディカル産業推進協議会『延岡・日向・門川 医工連携DXプラットフォーム』

福井県の県内企業と医療機器メーカー・ディーラーとの交流会

日本医工ものづくりコモンズ

熊本県のオンライン展示・商談会

宮崎県のオンライン展示・商談会

千葉県企業と医療機器メーカー等とのマッチング会【本郷商談会・展示会】

MINCの会「海外医療機器の最新動向勉強会」

関西医科大学 医療ニーズ発表会

AMED次世代医療機器連携拠点整備等事業 2023年度関東3拠点合同シンポジウム

医療クラウドファンディング推進フォーラム

日本医工研究所(医工研)の支援メニュー

イノベーションみらいフォーラム

チャーミングケア研修

第21回 日本旅行医学会大会

みらい知財フォーラム

青森県企業と医療機器メーカー等とのマッチング会

医工連携と産業

開発途上国および新興国・臨床工学研究会

がん集学的治療研究財団

カンファレンスパーク【解説】

メドテックステーション

もっとみる

産学官のイベント、カンファレンス

秋田県医療機器等ビジネスマッチング・プラットフォーム

次世代スーパーマイクロサージャリー研究会

長野県医工連携ポータルサイト 信州医療機器事業化開発センター オンライン展示・商談会

日本医工研究所 医工連携DXプラットフォーム

日本科学技術ジャーナリスト会議

国立大学法人 電気通信大学 脳・医工学研究センター

第22回 日本旅行医学会大会(2024)

一般社団法人 日本画像医療システム工業会(JIRA)

岐阜県 モノづくり企業とのオンライン展示・商談会

大分県のオンライン展示・商談会

島根ヘルスケアビジネス ポータルサイト

宮崎県北部メディカル産業推進協議会『延岡・日向・門川 医工連携DXプラットフォーム』

福井県の県内企業と医療機器メーカー・ディーラーとの交流会

日本医工ものづくりコモンズ

熊本県のオンライン展示・商談会

宮崎県のオンライン展示・商談会

千葉県企業と医療機器メーカー等とのマッチング会【本郷商談会・展示会】

MINCの会「海外医療機器の最新動向勉強会」

関西医科大学 医療ニーズ発表会

AMED次世代医療機器連携拠点整備等事業 2023年度関東3拠点合同シンポジウム

医療クラウドファンディング推進フォーラム

日本医工研究所(医工研)の支援メニュー

イノベーションみらいフォーラム

チャーミングケア研修

第21回 日本旅行医学会大会

みらい知財フォーラム

青森県企業と医療機器メーカー等とのマッチング会

医工連携と産業

開発途上国および新興国・臨床工学研究会

がん集学的治療研究財団

カンファレンスパーク【解説】

メドテックステーション