【8/20開催】第17回 手術の未来
【8/20開催】第17回講演会・手術の未来2024
視聴には、「次世代スーパーマイクロサージャリー研究会」の参加登録が必要となります。
【8/20開催】第17回 手術の未来
【8/20開催】第17回講演会・手術の未来2024
【注意事項】
1) 聴講には、チケットが必要です。画像右下の「チケット申込」ボタンを押してください。
  企業・公共機関など団体様は、企業等チケットをご購入の上ご参加ください。
  医療従事者・アカデミア・学生の方は、無料枠聴講チケットをお申込みの上、ご参加ください。

2) チケットを入手後、1)と同じ場所にある画像右下の「チェックインする」ボタンを押しておいてください。
  当日開演20分前になりますと青色の「視聴する」ボタンが表示されます。ボタンを押すとご視聴いただけます。

3) 本セミナーの録画、録音、撮影は禁止です。当研究会、講師に断りなく2次利用することはお控えください。
2024 8/20 18:00 - 20:00
第17回オンライン講演会手術の未来では、浜松医科大学 形成外科 中川 雅裕教授と帝京大学医学部附属病院 外傷センター御任 大輔先生をお招きし、ご講演いただきます。

中川 雅裕教授からは、がんの手術に必要な血管やリンパ管の吻合術や、現在研究されているレーザーによる血管やリンパ管の吻合など、治療の現場で見出される吻合術の最前線について講演いただきます。御任 大輔先生は、末梢組織血流評価法を研究しており、組織の血行動態に関する信頼性の高い情報を提供する計測機器開発と実装に成功されました。外科手術領域において応用分野を展開しつつあるこの検査手法について、その原理、臨床現場での応用例と限界、そして研究における最前線について講演いただきます。
本研究会の光嶋 勲会長(広島大学病院 形成外科 教授)からは、招待講演に関連する最新知見、世界の動向をご紹介します。講演後、登壇者とのパネルディスカッションは好評で、Q&Aを通して登壇者と対話ができる活気あふれるオンライン講演会です。ぜひご視聴ください。

企業の皆様、
本研究会は次世代のスーパーマイクロサージャリー実現に向けて医の巨匠と企業とのコラボレーション創出を推進しています。医療イノベーションを志す企業の皆様は、ぜひこの機会に講演会へご参加ください。ご登壇いただいた医師とのご面談を希望の企業の皆様へ面談支援も実施しております。お気軽にご相談ください。
240820_フライヤーjp_0625.pdf
セミナー
オープニング講演「スーパーマイクロサージャリー最新の知見」
オープニング講演「スーパーマイクロサージャリー最新の知見」

18:00 -20:00
icon
光嶋 勲
次世代スーパーマイクロサージャリー研究会 会長
広島大学病院 形成外科 寄附講座教授/科長
広島大学病院 国際リンパ浮腫治療センター センター長
最前線の医療現場でおこなわれているリンパ管移植、超音波リンパ穿通枝マッピング、リンパ浮腫、そしてバイオインピダンス客観的評価等に焦点を当て、これらの分野での最新の研究成果や臨床応用についてご紹介します。
【注意事項】
本セミナーの録画、録音、撮影は禁止です。当研究会、講師に断りなく2次利用することはお控えください。
セミナー
がん手術と血管吻合・リンパ管吻合の最前線
がん手術と血管吻合・リンパ管吻合の最前線

18:00 -20:00
icon
中川 雅裕
浜松医科大学 形成外科 教授
がんの手術では、がん周囲の正常な部分も含めて大きく切除する必要がある。顔面や口・のどでは大きく切除すると、整容の問題や、会話や食事などの機能が低下して生活に困ることが多い。われわれは、腹部や大腿など自分自身のがんのない他の部位から体の一部を移植する“自家組織移植”という、整容や機能をできるだけ手術前の元の状態に戻す再建手術を行っている。移植には顕微鏡下に細い血管を吻合する微小血管吻合(マイクロサージャリー)の技術が必要である。また、このマイクロサージャリーの技術を応用し、がん手術後のリンパ浮腫に対してリンパ管と静脈を吻合する治療も行っている。今回、がんの手術に必要な血管やリンパ管の吻合術や、われわれが研究しているレーザーによる血管やリンパ管の吻合を含めてお話しする。
【注意事項】
本セミナーの録画、録音、撮影は禁止です。当研究会、講師に断りなく2次利用することはお控えください。
セミナー
ICG蛍光造影による末梢組織血行評価と再建外科の未来
ICG蛍光造影による末梢組織血行評価と再建外科の未来

18:00 -20:00
icon
御任 大輔
帝京大学医学部附属病院 外傷センター
人間が様々な機能を持った部品で構成されるロボットだとすると、血液はそれぞれの部品に供給される燃料や電力と捉えることができ、これらの供給が途絶えた部品は機能を停止し可逆的あるいは非可逆的に劣化していく。動脈血栓による脳梗塞や心筋梗塞、虚血性腸管壊死、四肢の切断、あるいは臓器移植など、血液の灌流が関与する疾患は多岐にわたるが、その診断や治療を行う上で臓器/組織への血流の評価は重要な指標の1つだ。この血流評価を行うための検査手法の1つがインドシアニングリーン蛍光造影法である。
特に各外科手術の領域において近年応用分野を広げつつあるこの検査手法について、その原理、臨床現場での応用例と限界、そして研究における最前線について講演する。
【注意事項】
本セミナーの録画、録音、撮影は禁止です。当研究会、講師に断りなく2次利用することはお控えください。

おすすめのセミナー