セミナー 令和5年度 第1回秋田県ものづくり企業とのオンライン展示・商談会併催セミナー
  • アクセス数
  • 👦登録者数698
  • 👦チケット登録数889[クリックで内訳を表示]
  • 👦データ集[クリックでデータを表示]
  • 令和5年度 第1回秋田県ものづくり企業とのオンライン展示・商談会併催セミナー
    令和5年度 秋田県ものづくり企業とのオンライン展示・商談会併催セミナー
    2023 7/27 14:00 - 15:00
    ◎Metaverse空間でおこなわれる最先端の手術支援・ロボット手術・遠隔診療にご興味のある皆様は、この機会にぜひご参加ください。

    COVID-19により社会は、非接触、リモート優先のNew normal(新常態)を迎え、 医療現場のデジタル革新Dxも急速に進みました。一方、外科手術では、Metaverse(仮想空間)やXR(仮想現実VR、拡張現実AR、複合現実MR)が活用され、画像診断は立体空間的に変化を遂げました。(↓以下につづく)
    第1回秋田県オンライン展示商談会併催セミナー_プログラム.pdf
    セミナー
    Metaverse・XR(VR/AR/MR)による手術支援・ロボット手術・遠隔診療
    Metaverse・XR(VR/AR/MR)による手術支援・ロボット手術・遠隔診療

    14:00 -15:00
    icon
    杉本 真樹
    帝京大学冲永総合研究所 Innovation Lab 教授
    帝京大学 医学部 外科学講座 肝胆膵外科
    CT/MRIなどの3D再構築画像は、XR技術により平面ディスプレイを飛び出し、実際の臓器や病巣の奥行きと立体関係が現実空間に表現され、まるでホログラムのように空中に浮いた臓器を掴み、自由に動かす立体空間的画像診断が実現しています。
    市販の医療機器プログラムとウェアラブルヘッドセットで、誰でも患者体内に没入したような感覚も得られ、各デバイス間の位置を無線共有することで、複数医師が同時にMetaverse空間でアバター(分身)となり、バーチャルカンファレンスやロボット遠隔手術支援、遠隔オンライン医療にと、臨床の現場で活用されています。
    医工連携 XR Metaverse ウェアラブルデバイス バーチャルカンファレンス ロボット遠隔手術支援 遠隔オンライン診療 VR AR MR メタバース 没入感 ウェアラブルヘッドセット
    Holoeyesサービス概要